FC2ブログ

Entries

球ころがし KT88

真空管アンプの楽しみは真空管を交換する球ころがし。サブシステムのTUー8200は現在エレハモのEL34、マランツ#8で使用された球。当然マッキンのMC275に使われたKT88に交換したいと思うもの。現在でもロシア、中国、東欧で製造されている。
ビンテージ管は高くて無理、GoldLionの復刻版にも興味があったが価格的に手ごろなJJ製(スロバキア)を入手。
2本のマッチングはあらかじめ工場でなされている様子。代理店では小一時間エージングしますとのことなので動作は保証されているので安心。EL34に比べると値段は3倍弱で形状はかなり太く、お~KT88という感じ。
早速音出し、繊細なEL34に比べて力強く、中低音が充実、なによりも音が前方に定位、イメージ通り。一か月もすると帯域が広がりさらに良くなるのは間違いない。
フォステクスの10cmフルレンジ一発とは思えない立派な音、ジャズのボーカル、サックス系は最高です。

2019120501.jpg
2019120504.jpg
2019120503.jpg
2019120502.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する