FC2ブログ

Entries

実験は続く・・・

デジタルアンプは指定の半分の電圧で作動しているが、調べてみると入力電圧の許容幅はかなり広いようだ。特に問題はないが、少し電圧を上げてみた。リポ電池3セル12V位を直列にして24V。音の違いは顕著ではないが、少し高音が大人しくなったかな?
デジタルアンプのバッテリ駆動は意外に多くの人が実践中、スイッチング電源の音には戻れないとの書き込みもある。


スピーカーケーブルはフォステクスのユニットに付属の細身のものを使用。型番はSFC83 OFC同芯撚り構造。このユニットに合わせて高音重視の音づくりがされている。デジタルアンプは低域が締まるので尚更、腰高の音になってしまう。交換。
カナレ4S8
これに交換すると重心がずっと下がる。ウッドベースの胴鳴りをそれらしく再現。しかし、音源によっては高域が不足気味。サブスピーカではポップス系を聴くことが多く、少し物足りない。
カナレ4S6G
FC83と4S8の中間的な音になる。低域は適度で高域は耳につかない程度に出る。SFC83に通じる音であり、これがOFCケーブル特有の音なのであろう。

暫くは4S6Gで色々な音源を聴き込んでいくことにする。
10cmのフルレンジであるが自分の予想を遥かに超えた音質になっており満足。他人に勧められるスシステムである。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/257-84187fb1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する