FC2ブログ

Entries

リッピング~その音は

本機HAP-Z1ESの特徴は、
・高音質D/A変換回路
・DSDリマスタリングエンジン
・8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター搭載
・さまざまな音源を高音質化するDSEE


に集約される。発売以来何度もソフトのアップグレードが行われており(ネット経由)、昨年末のアップグレードで、外付けUSBディスクドライブから本体HDDへCDリッピングが可能になった。パソコンが不要に。
実は、パソコンでアップサンプリングしてリッピングした音源と、外付けCDドライブから直接リッピングした音源を聴き比べて驚いた。直接リッピングした方が明らかにノイズが少なく、周波数帯域が広い。定位は更に良くなり、各楽器が空間内に整然と配置される。それも前後方向にも・・・。パソコンでのアップサンプリングには限界があるようだ(音質的に)。


以前から再生が難しいと感じていた、ロッド・スチュワートやシュープリームスのCD、高音低音がカットされた帯域の狭い音質だったが、本機で再生すると、高音低音共にかなり伸び、安心して聴けるようになった。CD化することでカットされたマスターテープの音が復元されたのであろう。この辺りはSONYのノウハウだと思う。
エルトンジョンの名曲Goodbye Yellow Brick Road、ボーカルが何故か引っ込んだ位置に聞こえ、昔から不思議だったが、今回、その理由が判明。エルトンジョンとマイクの間にピアノ(おそらくグランドピアノ)が置かれているようだ。こんなことが分かるくらい空間再現力が高いのが本機。
お勧めは、
外部CDプレーヤー+WAV+リッピング「リトライあり(低速)」の選択
本機と100万円のCDプレーヤとを比べた人があり、SACDは100万円プレーヤの勝ち、しかしCDは本機が同等との意見も見られる。
正直、少し前までは本機の存在を知らなかったが、導入してその良さに驚いている。良く売れている理由が分かる。

続く・・・

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/251-8ff4be88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する