FC2ブログ

Entries

第一歩

音の濁りを消すためにまずはコーナー部の対策。三角板を配置すると良いようだが、「直径20mm前後・厚さ3~5mm程度の丸いフェルトを放射状に張り付けると大きな効果があり」との情報があったので実践。
「フェルトとフェルトの距離は15cm~20cm程度が最適で、それよりも細かい間隔で多く張りすぎると、効果がなくなる」とのことなのでこれを守って、部屋の4隅に設置。


確かに音が綺麗になり、小さな音が明瞭に聴こえるようになった。そのせいか、音がスピーカーの後方へより広がるようになった。ボーカルとそのエコー成分とを認識できるようにもなったが、この点は以前はどうだったのか?あまり気にしたことがなかったような。

もう一点、ピンコードはゾノトーンの2000αを使用しているが、スピーカーケーブルの変更に伴い高音が少し誇張気味。そこで手持ちのベルデン8412に交換。高音のバランスが適度になった。このケーブル、ゾノトーンに比べて中低音が豊かで聴きやすい。また、前後方向に音場が広がる。
むしろゾノトーンの方が平面的なのかも、音はカチッとしていますが。

ルームチューニングが少しだけ前進。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/246-06c45d05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する