FC2ブログ

Entries

真空管アンプ

TU8200が安定して作動することが分かったので再度メインスピーカに接続。球はEL34.前回と同様に音離れが良く躍動感が感じられる。60年代のジャズとかは雰囲気があって聞きやすくなる。
しかし、低域の制動力が劣るので音の締まりがなく、低域の処理がむつかしい。全体的に音像が大きく、団子になって聞こえる場合もある。情報量の不足も大いに気になる。
最も5万円くらいのアンプに何を期待するのかという話もあり、これが限界であろう。メインのシステムを真空管アンプにするのであれば、相当の対価を払う必要があるのは明らか。これが確認できたのが収穫。

真空菅アンプはあきらめるとしても、先日聞いたマッキントッシュサウンドは忘れられなくて、近々、我が家にやってくることになった。楽しみです。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/197-c52e0485

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する