FC2ブログ

Entries

これは外せない!

ふと思い立ってフォステクスのフルレンジユニットをP1000KからFE103Enに交換。ユニットの値段は約4倍。
もともとP1000Kはカンスピと呼ばれている雑誌の付録から派生したユニット。どんな音がするのか興味本位で導入してみたが、想像以上に素晴らしく、それでは発売から40年以上たっても販売され続けている本家はもっと素晴らしいはずと考えた。
両ユニットは取り付け穴の寸法が共通なの交換はいたって簡単。クリーム色のコーン紙、学生時分に友人が持っていたのを思い出した。
早速、音出し、一聴して音がクリアで情報量が多いのが分かる。高域は良く伸びているが今の状態では少しうるさい感じ。一週間もするとエージングの効果が表れて聞きやすくなるはず。
フォステクスの原点のユニットであり、多くの人がこれを聞いてきたわけで、そう思わせる雰囲気がある。これからの変化が楽しみ。値段の違い以上に性能差はあるように感じる。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/168-e02927fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する