FC2ブログ

Entries

電源タップ

電源タップを導入。個人さんがネット販売しているもの。結論からいうと素晴らしい。ノイズが低減して一聴すると音量が下がったように感じるが、実際にはダイナミックレンジが拡大しておりサビの部分では必要な音量になる。
本日驚いたのが2点。まず肉声のビブラートが良く分かるようになった。エルビスなんかはかなり細かくビブラートを利かせているのに驚いた。2点目は、アンプの電源オン時のボコという音(スピーカからの)、米国製アンプで致し方ないと諦めていたが、これが皆無に。代わりにリレーの入る機械音が聞こえるようになった。
どういう理屈かは分からないが、この電源タップの効果は驚き。

仕様は以下の通り。(ネットからの転載)
鋳鉄BOX使用。 超重量級1.8kg!にて、シールドと制振の効果が、 足には耐震ゲルマットで、ソルボセインと同等の制振効果を実現。
最強のフジクラCV-S銅箔遮蔽シールドケーブルの1.25sq 5芯(極太13mm)を使い、スターカッド構造にしました。これはノイズの影響をかなり抑えられるのと、ケーブル自身がノイズを発生しません。
鋳鉄BOXにステンレスプレートの組み合わせで、ノイズの入り込む余地は全く無く、しかも鋳鉄BOXにアースしているため、飛来するノイズはアースへと逃げます。
レヴィトン社、ホスピタルグレードの、コンセントパーツ2口を×2個使用。

電源ケーブルも同じような仕様
フジクラCVV-S1.25SQを贅沢に使用。肉厚の銅箔テープシールドが外来ノイズを強力にブロック!(遮蔽型シールド) ポリエステル編組チューブを使用し、更に非メッキ圧着インレットプラグを使用。高級感抜群。更にコンセントプラグをアメリカレヴィトン社インダストリアルグレードプラグを使用!



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fastlane3939.blog.fc2.com/tb.php/145-2c1e97ec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する