FC2ブログ

Entries

真空管アンプ

最近、妙に真空管アンプが気になる。アートペッパーのサックスを真空管アンプで聞くともっと艶が出るのでは・・・などと妄想。もともと自作派なので完成品ではなくキットに魅力を感じる。自作の世界はディープなのでまずは安価なものから入門というのが良さそう。エレキットのTU-8200 6L6GC真空管アンプ組立キットhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/sagamiaudio-co/tu8200.htmlTRIODE TRK-3488 &アップグレードパーツ http://store...

気温20℃

本日のランニング開始時の気温20度、走り始めから体が軽く1Km5分30秒ペースを維持、来月には福岡マラソンがあるせいか走る人の数も増えてきた。ヤフオクドーム付近で5km。ここまでは向かい風で5分33秒ペース、復路は追い風になるのでかなり楽になるはず。久しぶりに5分30秒を切れるかも、と期待が高まりテンションもアップ。淡々とペースを刻んで、ゴール手前で夕日に遭遇。最後まで気持ちよく走れてよい練習にな...

ランニング日和

本日は室見川を上流側にランニング。気温22度、やっと楽に走れるようになってきた。自宅から上流に3kmのところに、もつ鍋「万十屋」がある。福岡でも有名な老舗で創業60年。元祖に近い?昔、ばあさんが自宅で始めた商売がうまくいって、立派な建物になったらしいが、味が濃い目で癖になる味。5KmのところでUターン。この山は飯盛山。自宅からも見えるが、この山が雲に隠れると必ず雨になる不思議な山。本日は11Km走...

Blues-ette

アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズが3管編成だったころのトロンボーン奏者、カーティス・フラーの代表作のひとつ。曲が非常に良い、メロディーが良い。一曲目、フワっとした感じで、テナーサックスが軽やかに歌いだし、暫くするとトロンボーンがゆっくりと、追いかける。その掛け合いが素晴らしい。秋の長夜にピッタリ。これを聴くと真空管のアンプが気になって気になって、、、...

貴重品

本日到着。オークションで落札したP51Dムスタング、廃業して久しい丸鷹モデルの10クラスのキット。ライバルがいなかったので割と安価に手に入った。製作予定の機体が幾つか有るのですぐに製作に取り掛かる分けにはいかない。丸鷹のキットは魅力が有るので製作が楽しみ。付属のデカールが高級デカールとなっている。謎(^O^)...

強風

体育の日の今日は風が強くラジコンは中止。気温が少し下がってきたので午後3時過ぎからランニング。海岸沿いは強風で走りにくいので国道沿いに大濠公園にたどりつき2周してから帰宅、公園内は相変わらず多くの人がランニングやウオーキングを楽しんでいた。ランニング人気は変わりません。約16Kmを走ったが、国道沿いの歩道は凹凸があるので足への負担が大きく、最後の1Kmはふくらはぎが痙攣しそうになった。10Km以上...

イーグルス 続き

さて、音の違いは音源は、①CDからHDプレーヤに取り込んだものと②ハイレゾ音源。CDのものはHDプレーヤの内部でアップサンプリング等の処理がされるので、元のCDよりは音が良いはず。比較する曲は、プレーヤの「お気に入り」に登録して瞬時に切り替えるようにした。アルバム『呪われた夜』に収録された曲「いつわりの瞳」(Lyin' eyes)で比較。CDでは低域がブーストされた感じでベース/ドラムが良く響...

イーグルス

1972-1979年までの6枚のアルバムを集めたCDボックスが手元にある。比較的安価で評判が良かったので購入、最後のロングランの音質が悪く買い替えを考えていた。このボックスが、ハイレゾ音源で配信されているのを発見。e-onkyoから購入する場合、flac 192kHz/24bitで¥14,605 、結構な値段なので躊躇していたが、ビクターのhd-musicでは、\9,464であることが判明。この値段の差は、各社色々な戦略があってのことだ...

テイクファイブ(続)

テイクファイブをうまく解説したサイトを発見。そこでの説明をコピーして以下に貼り付け。世の中、博学な方が多いです。(以下コピー)そして本題の「変拍子」です。「変拍子」といわれるものはといいますと、2拍子、そして前回の3拍子以外の拍子について「変拍子」といわれます。5拍子、7拍子、11拍子等々。「変拍子」って聴くとなんだか難しい感じですよね。自分も何の学も経験も無くこの文章を書いておりますので、聴きながら拍...

奇跡的

ランニングは月50Kmを目標に継続中。本日の夕方からヤフオクドームまで往復10Km弱、10月だがまだ暑いのでペースが上がらない。天気予報では夕方から雨、ヤフオクドームに近づくと地面が濡れている、通り雨に会わずにラッキー。復路も雨に会わなかったが、室見川のランニングコースに入ると結構地面が濡れている。どうも、私の移動に合わせて雨が降らなかったようだ。こんなこともあるようで奇跡的。...