FC2ブログ

Entries

球ころがし KT88

真空管アンプの楽しみは真空管を交換する球ころがし。サブシステムのTUー8200は現在エレハモのEL34、マランツ#8で使用された球。当然マッキンのMC275に使われたKT88に交換したいと思うもの。現在でもロシア、中国、東欧で製造されている。ビンテージ管は高くて無理、GoldLionの復刻版にも興味があったが価格的に手ごろなJJ製(スロバキア)を入手。2本のマッチングはあらかじめ工場でなされている...

スコット ハミルトン

最近、SpotifyのCMがTVで流れるようになりビックリ。日本のマーケットを意識しての戦略。現状でも多くの日本のアーティストの曲が収録されており、今後ますます増えてくるのが楽しみ。Spotifyには自分の聞いた曲から好みの音楽リストを作成してくれる機能がある。これは優れものでこれまで意識しなかったアーティストに遭遇できる。その一人がテナーサックス奏者のスコット ハミルトン、アルバム「Shadow Of You...

夏用アンプ撃沈

工作室で使っている真空管アンプ、夏場は熱いので昨年と同様にデジタルアンプに交換。昨年に比べて真空管アンプ、スピーカ共にグレードアップしているので、その差が顕著。このデジタルアンプは音が薄っぺらで他にも気になることばかり。暫く我慢して聞いてみたが・・・結局、もとに戻した。折角聞くのだから良い音で!...

YMO

YMOはSpotifyにすべて収録されている。その中で1984年までの7枚のアルバムを聞いた。「イエロー・マジック・オーケストラ」「パブリック・プレッシャー」「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」は当時良く聞いていた、今聞いても新鮮。これが40年前とは驚き。  ...

ブルーノート名盤

名曲・名盤のブルーノート物語の中からカーティスフラーのアルバムをセレクト。もちろんSpotifyに数多くが収蔵されている。名盤「BLUES ette」はCDを持っているがその他はなかなか聞く機会がなかった。まずは1957年の3部作から。ほのぼのとした優しさを感じさせるトロンボーンが、さすが初リーダー作、溌剌として若々しい。まさに大人のジャズ!...