FC2ブログ

Entries

FOSTEX FE103-Sol 8Ω 限定ユニット

工作室のスピーカはFOSTEX P1000-BH/FE103En 真空管アンプとの相性も良く気にいっているが、スピーカーボックスが貧弱のようなので代わりの箱を物色。キットを購入して製作することも考えたが結構面倒そうなのでそのままになっていた。秋口にアンプのプリ管をビンテージ管に交換、帯域が広がり中域が益々充実。ジャズボーカルは文句なし。オークションを見ていると、中古品でFOSTEX FE103-Sol 8Ω 限定ユニットペア 自作ボック...

HD Jazz シリーズ

名アーティストたちの手による古き良きジャズの佳曲をコンパイルしたHD Jazz 先日いつのまにかVol7-9までリリースされていたのでe-onkyoからダウンロード。HD Jazz Volume 71曲目から超有名曲の『Smile』からスタートし、6曲目にはビル・エヴァンスの『My Man's Gone Now』をライブバージョンで、11曲目にはチック・コリアの名演である『Window』も収録。どの楽曲もハイレゾで再現されているということで、臨場感あふれ...

真空管アンプ

部品やプリ管を交換した真空管アンプをメインシステムに接続。最初の30分間は帯域が狭く聞くに堪えないが、その後に本領発揮。明らかに改造前とはレベルが違う!真空管独特のスピード感があり力強い音が出てくる。マッキンに比較すると荒削りではあるが音楽ソースによってはこちらが魅力的。結構なレベルのアンプになっている。以前、店舗でラックスの真空管アンプを聞いたが、これは完成度が高く大人しい印象だった。ジャズ系を...

エレキットTUー8200の改造(2)

コンデンサとボリュームを交換まずはコンデンサ、UFG1C221M ニチコンオーデイオ用小型アルミ電解ファインゴールドFGシリーズを使用。元のコンデンサよりも大きいが元のスペースに問題なく配置することができた。ボリュームは2CP-601A50K  東京光音プラスチック抵抗ボリウムCPシリーズを使用。元のボリュームよりも相当大きいので改造が必要。まずボリュームの取り付け基板を切り離して新しいボリュームを挿入。足のピッチはほ...

ビンテージ管

TU8200のプリ管、RCAの12AU7が到着。製造が1960年となっており自分とほぼ同い年。58年の眠りから覚めたことになる。オークションの出品者は専門家らしく測定値あり。安心できます。早速音出し、一聴してわかるのが音の前後方向への広がりと、音の余韻、これはJJのEC82に優っている。一方で周波数レンジはJJに比べて狭いが、聞いているうちにもどんどん改善されている。一週間も経てばさらにバランスが...